• 株主手帳編集部

イード【6038・マザ】60サイト手掛けるメディア運営会社事業の多様化進め業績2桁増続く

 自動車やゲーム、教育など20ジャンルで60サイトを運営するウェブメディア会社がイード(6038)だ。独自開発したサイト運営プラットフォームを武器に、M&Aなどで取得したサイトを次々と収益化。メディアを糸口に事業領域を拡大させ、前期(2019年6月期)は売上高50億円を突破した。近年は不動産やアニメなど、様々なジャンルにおけるビジネスモデル多様化に注力。各分野で新事業を育成し、業績2桁増成長を維持する。



プロフィール◉みやかわ・ひろし

1965年生まれ。88年にアスキー入社、99年インターネット総合研究所入社。2000年、IRI-CT(現イード)取締役に就任後、02年に代表取締役就任(現任)。18年、マークラインズ取締役就任(現任)。




メディアサイト運営のプロ


 同社は、業界に特化したメディアサイトを買収・再生、もしくは自社開発して運営するウェブメディア会社だ。現在は60サイトを運営しており、月間5000本以上の記事を配信。総閲覧数は、月間1・8億ページビュー(PV)に上る。

 運営サイトのひとつであるモビリティ専門メディア「レスポンス」では、自動車やバイクなどの製品情報、業界動向、試乗記など幅広いニュースを配信。業界関係者だけでなくモビリティファンからも支持を得ており、月間は単体で月間6000万PVを超える。

 2年前に買収した「マネーの達人」は、貯金や家計、節約、投資などのマネースキルをまとめた情報サイト。「コストコの高コスパ商品ランキング」や「株主優待で外食費節約!おすすめの飲食店3社」といった生活防衛に関わる記事を配信し、PV数が近頃急成長している。

 同社の特徴の1つは、運営するサイトを全て独自の共通プラットフォーム(PF)

「iid―CMP」で構築する点だ。同PFは、SEO施策やSNS対応といった集客機能や、「どこに広告を貼れば閲覧数が増えるか」などのマネタイズ、サイト間の記事交換機能など、これまで同社が培ってきたサイト運営ノウハウを凝縮したもの。これにより、サイト運営効率アップや早期収益化が図れるという。同PF活用を通じ、保護者向け教育情報サイト「リセマム」のPV数は7年で5・5倍に上昇した。

 もう1つの特徴は、常に運営サイトを組み替える点。同社はこれまで35サイトを自社開発したほか、49サイトをM&Aで取得。各サイトの採算性や将来性を見極め、撤退も辞さない。M&Aで取得したサイトのうち、これまで撤退したサイトは14つで、継続率は71・4%となる。

「これまで手掛けたメディアはほぼ全て収益化していますが、そのジャンルに新しいビジネスチャンスが見出せない場合は撤退も検討します。反対に、収益性が低くても重要性が高いジャンルは力を入れて育成します」(宮川洋社長)


メディア運営事業が8割


 前期業績は、売上高は前期比10・1%増の51・9億円、営業利益は同20・9%増の3・1億円。売上高をセグメントでみると、「コンテンツマーケティングプラットフォーム(CMP)事業」が全体の約85%となった。

 CMP事業とは、ウェブメディア運営を中心としたサービスの総称。その中で売上高シェアが35%強となったのは「データ・コンテンツ提供」だ。同社では自社の編集部隊が作成したニュースコンテンツを、他社のポータルサイトや情報配信サービス、企業内イントラなどに有料で配信している。また、自社メディア内における「ネット広告」の売上高シェアは34

%強。この2分野がCMP事業の主力となる。

 売上高シェアが10%の「メディア・システム」は、「iid―CMP」を用いて他社のオウンドメディア運営を行う事業だ。

「我々には約20年間以上培ったサイト運営能力があるため、営業、技術開発、PF事業などを一手に引き受け効率よく運営することができます。編集長はコンテンツだけに集中でき、その分サイトの質も上がります」(同氏)

 CMP事業以外の15%は「コンテンツマーケティングソリューション(CMS)事業」だ。同事業は企業向けに、マーケティングリサーチやECシステムなどを提供するもの。例えば、同社はマイカーの燃費を管理できるオンラインサービス「e燃費」を運営。65万人以上の会員から収集したデータを、自動車メーカーなど関連企業に販売している。


事業領域×モデルの多角化


 更なる成長に向け、基本戦略として進めるのが「領域拡大による事業機会の最大化」と「ビジネスモデル拡張による収益の多様化」の掛け合わせだ。

 戦略の一手目は、メディアの展開。今期では2019年12月、不動産投資会社一括資料請求サイト「ワンルームオーナー.com」など不動産投資に関する3メディアの取得を発表した。

「ワンルーム需要は、首都圏を中心に根強くあります。ニーズを刈り取るために、まずは得意のメディアから切り込みたい」(同氏)

 また2020年2月には、学研プラスからアニメ専門紙「アニメディア」などを取得。イードが持つウェブメディア「アニメ!アニメ!」と学研プラスでのウェブメディア「超!アニメディア」を足したPV数は2000万以上となり、日本最大級のアニメサイト運営会社に躍り出た。

 二手目が、メディア事業以外の展開だ。例えば前述のアニメでは、同業界を異業種に紹介するサービスを構想する。「最近は『鬼滅の刃』といった社会現象化したヒット作品もあり、アニメがより一般的となってきました。すると、アニメとコラボしたい企業も徐々に増えつつある。我々が間に入り『アニメ×自動車』や『アニメ×通信』などのマッチングを行いたい」(同氏)

 自動車産業では、次世代交通システム「MaaS」に関連した投資を加速している。イードはMaaSセミナーを月2回開催。セミナーを通じ、トレンドの更新や有力ベンチャー企業の発掘などを行っている。

「不動産やアニメ、自動車など、ビジネスチャンスは各ジャンルで起こっています。それを、まずはメディアで獲りに行く。次に、インキュベーションなどを含めたビジネスとして獲りに行きます」(同氏)



アニメディア2月号

© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon