• 株主手帳編集部

クイック【4318・東1】専門職の人材紹介大手10期連続増収増益へ

医療や建設など専門分野での人材サービス事業を主軸に、採用支援サービスを行うリクルーティング事業や情報出版事業なども展開するのがクイック(4318)だ。需要が高い専門人材を武器に、前期(2019年3月期)は9期連続で増収増益を更新。今後は海外展開などにも注力し、前期の売上高191・7億円を、2022年3月期に261・7億円まで拡大させる。



和納 勉会長

プロフィール◉わのう・つとむ 1949年生まれ、関西学院大学法学部卒。76年に日本リクルートセンター(現リクルートホールディングス)入社。80年、クイックプランニング(現クイック)を設立し、同社取締役社長に就任。2005年に同社グループCEO就任、19年同社代表取締役会長に就任(いずれも現任)。




専門職紹介業が

売上の半数


 クイックは、専門スキルを持つ人材を企業に紹介する「専門職人材紹介」を中心に、人材派遣、企業の採用支援、情報出版といった多岐に渡るビジネスを展開する会社である。前期業績は、売上高は前期比14・3%増の191・7億円、営業利益は同17・4%増の25・8億円。セグメント別に売上高をみると、専門職人材紹介事業を含む人材サービス事業は60%、リクルートメディアなどを通じて顧客企業の採用支援サービスなどを行うリクルーティング事業は20・7%、情報出版事業は10・3%、その他事業は9%となった。  主力である専門職人材紹介事業の対象範囲は医療、建築、製薬、自動車、電気、化粧品など9領域。成約すると、紹介した人材が受け取る年収の数十%を、企業から手数料として受け取る。前期売上高のうち、半数に当たる約90億円が人材紹介事業による売上となった。  同事業の中で最も比率が高いのは、事業規模において国内2番手グループに位置する看護師分野だ。看護師の平均年収は約400万円で、成約時の手数料は平均20%程度。同業界全体の成長率は横ばいにも関わらず、クイックはマッチング精度の高さを武器に年々シェアを伸ばしている。  また、建築土木系の施工監理技術者分野では、業界トップクラスの紹介数を堅持する。同業界では、技士不足が喫緊の課題。技士の平均年収は600~800万円と高めにも関わらず、成約時の平均手数料は35~100%と高水準で推移している。  人材紹介の肝は、いかに優秀な人材を集めるか。そこで同社は、求職者獲得に向けて各業界の専門サイトを運営している。  例えば製薬業界向けサイト「Answers」では、求人情報の他に業界研究レポート、業界ニュースなど専門情報を掲載。看護師向けサイト「看護roo!」では、看護師用シフト管理アプリの提供や、看護師国家試験の過去問掲載などを行う。現職のプロが必要な情報を随時提供することで、サイトの周知を図る狙いだ。 「シフト管理アプリは130万回ダウンロードされており、ナースだけでなくご家族も活用されています。また試験対策を充実させることで、若い人たちへサイトの意識付けをしています」(和納勉会長)


情報誌活用し 北陸展開進める


 リクルーティング事業の売上高は全体の2割だが、営業利益は3割と利益率が高いのが特長。一方で、和納会長は同事業の流動性を指摘する。 「最近合同説明会が問題になっていますが、これは今後5~6年でオンラインに置き換わっていくと思います。そうなると、我々の関連事業も影響を受けることになるでしょう。今、業界では構造改革が起きています。我々も、時代に合ったサービスの提供を進めていきます」(同氏)  情報出版事業は、2003年にグループ傘下入りした金沢の出版社「カラフルカンパニー」が主体。北陸・新潟密着型の情報誌を手掛けており、「金沢情報」など生活情報誌の発行部数は毎週61・1万部に上る※。  同社が近年力を入れるのが「ココカラ。」ブランドで展開する、地域に密着した人材紹介サービスなどのコンシェルジュサービスだ。情報誌への広告掲載とは違う形で、人材採用や顧客開拓のためのサービスを展開し、情報出版事業の更なる成長を目指す。


危機を教訓に

ビジネス最適化


 同社は1980年、和納会長がリクルートから独立したことから始まる。当初は同社の求人情報誌「ビーイング」の広告代理営業などが主体だったが、やがてバブルが崩壊。これを契機に、クイックはビジネスモデルの転換を進める。「バブル崩壊時、約33億円あった売上高が1~2年でつるべ落としのようにほぼ半分にまで減少しました。当時をセグメントでみると、リクルーティング事業が全体の約95%。この反省を基に、1997年に人材紹介事業を始めました」(同氏)  リクルーティング事業と、幹部人材や営業人材などの人材紹介事業の両輪で事業を拡大させた同社は、2001年に上場。その後米国や中国に進出するが、今度はリーマンショックが到来する。この出来事をきっかけに、現在主力となっている専門職紹介事業 に軸足を置いた。 「不況の際、人材サービスで最も落ち込んだのは一般職分野です。一方、専門職ではそれほど大きな影響を受けませんでした。この時の経験から、不況に強い体質を作るには『専門職』が鍵だと思ったのです」(同氏)


国境を越え 人材サービスを提供


 長期ビジョンとしては、「2030年に売上高1000億円」を目標に据える。重点事項のひとつが「クロスボーダーリクルートメントの推進」だ。  その他事業に含まれる海外事業では、海外進出する日系企業向けに現地で人材サービスを提供する。現在、同社は英国や米州、アジアなど海外8拠点を展開。今後は国境を越えて人材を紹介する「クロスボーダーリクルートメント」を推進し、将来的には海外事業を売上高の10 %程度まで育成する。 「ブレグジット後の英国では雇用先が減少している一方、欧州では日系企業がどんどん進出しているため、人材が不足しています。またメキシコでは、自動車メーカーの工場新設に伴い膨大な数のエンジニアや通訳が必要。各地域のニーズに合ったサービスを提供すれば、海外事業だけで売上高が100億円まで成長する見込みです」(同氏)

© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon