top of page

デュアルタップ【3469スタンダード】投資用不動産企画開発・販売が主力


3か年の成長戦略を策定

計画値は「最低必達目標だ」



 デュアルタップの主力事業は、投資用不動産の企画開発・販売だ。創業17年目を迎え、自社ブランドの資産運用型マンション「XEBEC(ジーベック)」シリーズは累計75棟となった。同社は近年、REITや事業法人への大型物件一棟販売が好調だが、一方でそのために生じる業績の波を課題としていた。26年6月期を最終年度とする「3か年計画」では、経営基盤の強化・安定成長へ向けた4つの重点戦略を掲げている。

 
臼井 貴弘 社長

Profile◉うすい・たかひろ


1977年7月生まれ、東京都出身。 96年、総合情報通信会社に入社。2000年に不動産売買・仲介会社大手に入社、不動産アセット・プロパティマネジメント事業の営業部門取締役に就任。06年にデュアルタップを設立、代表取締役社長に就任(現任)。海外不動産事業のデュアルタップインターナショナル、デュアルタップ合人社ビルマネジメント、デュアルタップコミュニティの代表取締役、及びマレーシア建物管理会社Dualtap Building Management Sdn. Bhd. のDirectorに就任(現任)。


 

23区内・駅徒歩10分以内・高機能

資産運用型マンション開発



 デュアルタップは売上の84%を構成する不動産販売のほか、不動産管理、海外不動産事業を展開する。不動産販売では、「23区・徒歩10分以内・高機能」の資産運用型マンション「XEBEC(ジーベック)」の企画開発・販売が主軸だ。

 23年8月、同社では26年6月期までの3か年の中期計画を発表した。業績目標は、最終年度に売上高95億5000万円、営業利益2億8600万円。課題であったボラティリティを減らし、継続的な増収増益を『必達の最低ライン』と掲げる。

 課題とする業績の波には、業界を取り巻く時代の大きなうねりがある。同社上場年の16年は個人による不動産投資が旺盛で、業績も右肩上がりだった。しかし18年に世間を騒がせたスルガ銀行のアパートローン不正融資事件に伴って、融資審査の基準が厳格化。業界にとって大きな転換点となった。同社の業績も減収減益に転じた。個人の不動産投資マインドが低下したことで、同社はREIT(※1)運営会社や事業法人への一棟販売に注力。この転向が功を奏し、22年6月期売上高は107億5600万円と過去最高を更新した。一方、物件の大型化などに伴って諸経費が増え、営業利益は5000万円へ減益となる。23年6月期は売上高86億2700万円に減収したものの、営業利益は約6倍の3億700万円に急回復した。今期は東京都中央区日本橋の本社ビル取得により減益の見通しだが、25年以降は固定費削減及び賃貸収入による収益確保により利益面が大幅に改善される予定だ。

「これまでの業績推移から、単年目標ではステークホルダーの方々に今後の成長をイメージしていただくことが難しいと考え、3か年計画を立てました。この3年は今後の成長に向けた地盤固めの期間です。言わば、ホップ・ステップ・ジャンプの『ホップ』に当たります。そのためには安定した財務基盤が必要ですので、数値目標はあくまでも必達厳守の最低数値に留めています。皆様の信頼を裏切ることは絶対にしたくないので数値に織り込んでいませんが、上振れの材料は当然持っています」(臼井貴弘社長)


※1 不動産投資信託。投資家から集めた資金を商業施設やオフィスビル、マンション、ホテル、物流施設などの多様な不動産に投資し、そこで得た賃料や売却益を分配する金融商品



成長基盤固める4つの戦略

既存事業強化と新事業構築


 同社では3か年計画達成のために、「安定基盤の強化」「財務目標」「新たな主軸の企画・構成」「企業価値向上」の4つの重点戦略を掲げている。

 1つめの「安定基盤の強化」では、物件調達の深耕や販路拡大により、不動産販売を強化。また賃貸管理や家賃保証に繋がる個人投資家への直販の拡充や、M&A・業務提携による賃貸・建物管理物件拡大によって、ストックビジネス拡充を行なう。

「個人への直販は、以前は売上の50%以上ありましたが、前期は15%程度。まずはこちらを売上比率40%~50%にし、長期的には個人向け直販だけで100億円を狙いたい。相続税対策など、不動産投資へのニーズは消えていません。上場企業ゆえに信用を得やすい環境にありますので、アプローチの見直しやブランドの多様化で数字へ繋げたいです。建物管理についてはマレーシアで物件を拡大中で、新たな話も続々といただいています。また同国では前期にM&Aをしており、今後も良い案件があれば積極的に行っていく方針です」(同氏)

「財務目標」では、年3~5%の継続的な成長、投資資金の回収早期化による手元流動資金向上、営業利益率の継続的目標3~4%を掲げている。

「新たな主軸の企画・構築」では、新規事業構築とアライアンス構築に取り組む。同社には「『医・食・住・遊』を展開するコングロマリット企業へ」という長期ビジョンがある。

 これまでも、ハラール認証エナジードリンクの輸入・販売や、管理マンションへの電動キックボードシェアリングサービスLUUPポート設置、ZEST社とのコラボレーションマンションの企画、東南アジアへの企業進出支援など、多様な試みを行なってきた。

「構想段階ですが、今後は長期滞在型ホテルの企画開発も検討しています。世の中の流れが変わったこの数年で、新たなビジネスの“点”を色々と打ってきました。次の3年で今まで点だったものを線にし、企画の面白さに磨きをかけて新事業として育てていきたい」(同氏)

「企業価値向上」では、業績へのコミットメント、資本政策の実施検討、配当方針の明確化、IRの強化を掲げている。





▲自社ブランド投資用物件「XEBEC(ジーベック)」の外観


 

2024年6月期 連結業績予想

前期比

売上高

90億円

4.3%増

営業利益

1億8,000万円

41.4%減

経常利益

1億円

63.3%減

当期純利益

3,000万円

84.4%減


2025年6月期目標

売上高 93億円

不動産販売:82億1,400万円 不動産管理:10億8,500万円

営業利益 2億6,000万円


2026年6月期目標

売上高 95億5,000万円

不動産販売:84億5,400万円 不動産管理:10億9,500万円

営業利益 2億8,600万円



※株主手帳23年12月号発売日時点




bottom of page