• 株主手帳編集部

ミクロン精密【6159・JQ】「丸く削る」研削盤で国内シェア4割研究開発を通じて商圏と用途を拡大

ミクロン精密(6159)は、丸い物を「より丸く削る」研削盤のメーカー。加工物の周りを

丸く削る「センタレスグラインダ」と、加工物の内側を丸く削る「インターナルグラインダ」の2種類を展開。特にセンタレスグラインダは国内シェア4割を誇る。近年は、自動車の電動化を見据え、電動車向け研削盤を開発。医療など、新業種に向けた製品開発も進める。

榊原憲二社長

Profile◉さかきばら・けんじ1982年、大日本インキ化学工業入社。85年、ミクロン精密入社。88年Micron-U.S.A.副社長、99年同社社長に就任。ミクロン精密取締役、専務取締役などを経て、2009年に同社代表取締役社長就任(現任)





加工物を丸く削る

工作機械を2種類展開


 研削盤とは、高速回転させた砥石に加工物を押し当て削る機械のこと。研削盤に平面を削るものや工具を研削するものなど多種あるが、ミクロン精密は「丸く削る」技術に特化した機械メーカーである。

 主力製品は2つ。1つ目は円筒形加工物の外周を研削する「センタレスグラインダ(⼼なし研削盤)」。2つの砥石の間に加工物を挟み、1つの砥石を高速回転させて研削・成形する。

 2つ目は、円筒加工物の内側を削る「インターナルグラインダ(内面研削盤)」。主軸に固定した加工物の中に高速回転する長細い砥石を入れ、内側を成形する。

 納入先の業種は建設機械や工具、家電など様々だが、売上高の6~7割を占める最大市場は自動車業界だ。

「現在の自動車の部品数は約3万点。特に、エンジンには丸いものが多く使われています。センタレス、インターナル両方をトータルでオファーできるのは当社の強み」(榊原憲二社長)

 前期(2019年8月期)業績は、売上高は前期比7%増の67億円、営業利益は同4%増の10億円、営業利益率14・8%となった。海外比率は約4割。榊原社長によると、工作機械業界は一般的に「外需7割・内需3割」。「当社の製品は、部品を仕上げる重要な最終工程を担います。他の生産ラインは海外に移しても、最終工程は日本に残すお客さんは多い」

(同氏)


ミクロンを超え

ナノの研究開発に邁進


 同社製品の特徴は、0・1ミクロン(1ミリメートルの1万分の1)単位という精巧

さで削れる点。限りなく真円に近いと、国内外から受注受ける。平均単価はセンタレ

スグラインダが約2500万円、インターナルグラインダが約3500万円と共に高価

格だが、これまで約30カ国に累計7000台以上を納入。センタレスグラインダは「グ

ローバルニッチトップ企業100選」に選ばれた。

 そもそも、なぜ丸ければ丸いほどいいのだろうか?

「例えば、回転体の塊のような自動車のエンジンやトラスミッションには多くのシャフトやギアが使われていますが、軸が丸くまっすぐでなければ動力がスムーズに伝わらず、動きが悪ければ余計なエネルギーを消費したりしますよね。エアコンや冷蔵庫のコンプレッサーも同じで、軸が丸ければ丸いほどスムーズに稼働でき省エネに。新幹線のベアリングであれば、静粛性向上や振動軽減などにも繋がります」(同氏)

 丸く削る技術では既に世界トップレベルだが、なお技術革新に注力する。13年には、本拠を置く山形県でR&Dセンターを開設。テスト機・デモ機が約20台設置され、7名の専属エンジニアが研究開発を行う。

「ミクロンの更に千分の1となるナノレベルで研削できる技術の研究も進めています。実現すれば、今までなかった高付加価値製品を提供できる。研究開発部門にこれだけ投資する研削盤メーカーは、世界でおそらく当社だけ」(同氏)


▲R&Dセンター内部

▲インターナルグラインダ


コロナ禍・自動車電動化が

向かい風に


 前期は自動車産業の好調などで増収・営業利益増益。だが、今期はコロナ禍による企業の投資意欲減少などで売上高2割減、営業利益半減と厳しい見通しだ。

 榊原社長は、リーマンショック直後の2009年2月に社長職へ。就任後初めて行った

仕事は、自身の給料をカットすることだったという。

「リーマンショックでは、売上高が2年かけて3分の1になりました。しかし『人は切らない』と決め、役員報酬のカットや教育、経費削減、生産効率の見直しなどを徹底。これが2~3年後の業績に寄与し、営業利益率も好転しました。今回(のコロナ禍)も、売上減は覚悟している」(同氏)

 ただ、近年はもうひとつの懸念事項が。「自動車の電動化」だ。同社売上高のうち、約4割はガソリンとディーゼルで動く自動車の内燃機関向けとなる。

「ワーストケースとして、この4割がいずれなくなることも想定している」(同氏)

 そこで取り組んだのが、自動車の電動化を見据えた研削盤の開発だ。

「電動化とともに車載モータの需要が増えており、そのモータと組み合わせて使用するねじの生産性を飛躍的に向上させる研削盤を開発し、販売に力を入れています」(同氏)


技術開発で

非自動車分野を開拓


 合わせて、他業種への商圏拡大も推進。これまでは非自動車向け売上高は3~4割程度だったが、これを拡大させる。

 シェア獲得に向けて現在進めるのが、研削盤の用途多様化だ。同社は顧客からヒアリングした要望を基に研削盤をカスタマイズ。将来的には、多様な要求に対応できる研削盤を展開し、製品価値を向上させる。

「今までは1種類の加工物をどれだけ大量に削れるかが『高能率』でしたが、それはもう当たり前。これからは1つの研削盤で、お客さんが要望する様々な加工物に対応できることが新たな『高能率』です」(同氏)

 既存市場と合わせて、新市場の開拓も進める。近年注力する分野のひとつが「医療機器」だ。

「注射針用の特殊研削盤のほか、カテーテルやワイヤーなどを加工する研削盤の開発も進めています。現在は、血眼になって新たな市場を探しているところですね」(同氏)



製品紹介【センタレスグラインダ(⼼なし研削盤)】

2つの砥石の間に加工物を挟み、1つの砥石を高速回転させて研削・成形する研削盤。

国内シェア4割。



© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon