• 株主手帳編集部

日本ピラー工業【6490・東1】「流体の漏れを止める」製品のプロ世界首位の半導体向け製品を軸に販路拡大

「流体の漏れを止める技術」を軸に、石油や化学、自動車など様々な業界向けに密封部

品を製造するのが日本ピラー工業(6490)だ。半導体の製造機器などに使われる継

手「ピラーフィッティング」は世界シェア6割超と、40年近くグローバルニッチトップ

の座を獲得する。今後は更なる需要を見据え、グローバル化に力を入れる。

岩波清久社長

PROFILE◉いわなみ・きよひさ 1948年生まれ。1978年日本ピラー入社、83年常務取締役、89年代表取締役社長就任(現任)。







創業96年の流体制御草分け


日本ピラー工業は、流体の漏れを止める「シーリング技術」を基盤とする流体制御関連機器メーカーだ。発電所や石油プラント、半導体製造装置などで使用される一部品で、機器内を流れる流体の漏れを防ぐ密封部品を製造する。

 主な製品群は3つ。1つ目は、石油精製や化学プラントなどで使用されるポンプや撹拌機などに取り付けられる回転機器用軸封装置「メカニカルシール(MS)」だ。回転する部品と回転しない部品の2種類で構成され、流体の漏れを制御する。

 2つ目は、同じく自動車や様々な産業機器、配管の接合部などに使用される「グランドパッキン(GP)・VG(ガスケット)」だ。同社のルーツは、96年前に作った船舶用のGP。このGPが柱(ピラー)の形状だったため、これが社名の由来となった。

 そして3つ目が、稼ぎ頭の先端産業機器向け製品「ピラフロン(PF)」だ。主力のピラーフィッティングは、半導体や液晶、情報・通信業などの製造機器のパイプとパイプを繋げる継手。内部に流れる硫酸や硝酸などを制御するため、薬液に強いふっ素樹脂製品で作られている。


半導体向け製品の世界首位


 セグメント別に売上高をみると、PFが大半の電子機器関連事業が約64%を占め、残る

35%はMSとGPが入る産業機器関連事業となった。

 主力の電子機器関連事業のうち、売上高の8割近くは前述のピラーフィッティング。近年はAIやIoT、5Gなどを追い風とした半導体需要が続き、2019年3月期まで6期連続でセグメント売上高を伸ばしている。

 同社は、ピラーフィッティングの世界シェア6〜7割を持つグローバルニッチトップ。長年首位を堅持する要因の1つが、需要囲い込みの速さだ。

 日本ピラー工業は、半導体の勃興期に当たる1980年代前半から同製品を開発する。酸に強いふっ素樹脂製品でいち早く特許を取得し、一挙にシェアを獲得した。

「まだ半導体製造が始まったばかりの約40年前、業界から『半導体製造中のクリーンルームでパイプの継ぎ目から薬液が漏れる』という声をキャッチしたのが始まりです。これまでSやGPで培った技術を応用し、強い酸にも対応するPFをいち早く開発しました」(岩波清久社長)


高利益率の祖業で安定性確保


 祖業である同事業の特長は、セグメント営業利益率が14%超と、電子機器関連事業より高い点だ。

 MSやGPは、高熱や高圧といった過酷な環境下で使用される。そのため、高品質・高性能な製品が要求される上、一つ一つが納入先に合わせたオーダーメイド。納入先と協議しながら製品を作るため、利益率が高い。

 また、納入先は石油精製プラントや化学プラント、電力プラント、自動車、船舶など多岐にわたるため、安定的に受注があることも魅力の1つだ。

 近年好調な製品の代表例は、パッキン内部の浸透漏洩にまで対策を施した低漏洩・高性能パッキンの「EDP(エミッション・ディフェンス・パッキング)」。同製品は、発電所や工場などからの大気汚染物質排出を規制する米国大気浄化法を受け、1994年に本格納入を開始した。特に規制が厳しい米カリフォルニア州などを中心に、受注が進んでいる。

「将来的には、EDPも世界シェアの半分近くは獲ると見ています。時代の成長産業に先んじて参入し、早い段階でナンバーワン製品を作ることを心掛けています」(同氏)


薬液に強いふっ素樹脂製のピラ ーフィッティングの例


同社のメカニカルシールの例

















需要見据えグローバル化推進


 2020年3月期の売上高は前期比5・6%減の292億円、営業利益は同28・1%減の

36億円。減収減益の主因は、半導体産業の失速で電子機器関連事業が低迷したことだ。しかし、岩波社長は同事業に成長の余地があると話す。

「半導体産業は、常に製品の小型化や技術革新が行われています。すると、新製品に合わせた新設備が必要になる。各社とも新製品利得を得るために競って設備導入をするため、更新はないけれど新規受注はいつでもある状況です。今後、更に自動運転やIoT、AIなどが進めば半導体もより必要になるので、まだまだ同産業は成長市場だと思っています」(同氏)

 今後の施策としては、両事業ともグローバル化を推進。2019年7月に、インドネシ

アでMSの製造・販売拠点を新設。また同年11月には、米国テキサス州にふっ素樹脂加工工場を開設した。半導体需要の拡大が期待される米国で、現地のニーズに即応可能な体制を構築する。

「半導体産業はアジアと米国が中心ですし、産業機器関連では成熟した日本ではなく、海外に新たなマーケットがあります。2019年3月期の海外売上高比率は22・8%でしたが、今期はこれを3割まで伸ばしたい」(同氏)


テキサス州ヒューストンの工場












© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon