• 株主手帳編集部

日精エー・エス・ビー機械【6284・東1】1ステップPETボトル成形機のパイオニア高品質・高付加価値容器成形の量産化でシェア拡大

長野県小諸市に本社を置く日精エー・エス・ビー機械(6284)は、高品質なプラスチック容器の成形機を開発、販売するパイオニア的な存在だ。とくに高い技術が求められる1ステップ成形機の市場シェアは6割近く、海外比率9割のグローバル企業となっている。今年6月、経済産業省認定の2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」の機械・加工部門 に選定された。

宮坂純一社長

Profile◉みやさか・じゅんいち

1958年4月長野県出身、早稲田大学

商学部卒業。82年4月、八十二銀行へ

入行し軽井沢支店長、新宿支店長な

どを歴任。2012年7月同社に入社後、

取締役経営企画担当部長、取締役生

産部長などを経て17年10月代表取締

役社長COOに就任(現任)。







130カ国以上に商品を

提供するグローバル企業


 日本で初めてPETボトルが使われたのは1977年、しょうゆを入れる容器だったという。その翌年、同社はPETボトルをはじめとするプラスチック容器を生産する「ストレッチブロー成形機」の開発、製造、販売を目的に設立した。

 ストレッチブロー成形法は、ペット樹脂からプリフォームと呼ばれる容器の原形を射出成形する工程と、それを加熱し、金型の中で空気を吹き込んで膨らませて伸ばし、容器の形状に成形する2つの工程がある。その材料の投入から最終製品まで1台の機械で行うのが1ステップ方式、別々の2台の機械で行うのが2ステップ方式だ。前者は高品質な化粧品容器などを一貫生産することができ、後者は飲料などの単純容器を大量生産するのに適している。同社は1ステップ方式で、世界で6割近いシェアを持つリーディングカンパニーだ。

「2ステップの市場規模は約2000億円で、清涼飲料水などの単純容器がメインです。一方、1ステップは約500億円と小さいながら、食品や日用品・化粧品などの多種多様な容器形状が求められます。当社の1ステップ機は独自技術の『温度調節機能』を有しているため、成形難度の高い、高付加価値容器の成形を得意としています。消費者ニーズの多様化に伴い、消費財メーカーは特別な容器で商品差別化を図っており、多品種・高難易度の容器を効率的に生産できる1ステップ機への注目度が高まっています」(宮坂純一社長)

 同社はまた、早くから海外ネットワークを構築。現在は日本とインドに製造工場と販売拠点を持つほか、海外の現地法人・販売子会社が11社、支店と営業所が6カ所、代理店は32

カ所に上る。エリア別売上高の構成比はアメリカが25・3%、欧州が21・2%、南・西アジアが35%、東アジアが8・7%と日本の9・8%で、海外比率は9割を超える。累計で成形機1万台、金型2万2000型を130カ国以上に納入している。


ゼロ・クーリングシステム

で時短と品質向上を両立


 2019年9月期の売上高は前期比6・1%減の261億2900万円、営業利益は15・9%減の43億400万円、経常利益は20・6%減の41億9300万円。事業別の売上高の構成比は、ストレッチブロー成形機が52・4%、金型が29・6%、付属機器が6・6%、部品・その他が11・4%となっている。

 利益の減少については「現在、中長期的に増収増益増産を実現するため、戦略的に先行投資をしている段階です。日本、インドともに生産能力を1・5倍以上にする設備投資し、経営資源を拡充させています」(同氏)ということだが、同社は安定配当の維持を重視しており、2017年9月期に1株当たりの普通配当を60円に増配してから継続している。

 また2018年12月には、従来の製造工程の中で最も時間がかかるプリフォーム成型の際の冷却時間を限りなく0にする『ゼロ・クーリングシステム』技術を発表。主力商品に標準搭載することで、容器の成形時間が短縮されて生産性が従来より50%以上向上。物性強度は

15%増加し、材料は5〜10%節約でき、外観や⾒映えも向上したことで、受注拡大につながっている。


環境配慮技術の開発で

用途の多様化へ


 プラスチックを扱う企業として、同社は設立当初から環境問題にも取り組んできた。環境省は『プラスチック資源循環戦略』で“3R+Renewable(再生可能資源への代替)”を掲げているが、同社は2019年に、生分解性プラスチック(バイオPBS)100%によるボトル成形に成功している。

 また2020年4月に発表した2層成形法技術では、外側にリサイクル材を使い、内側にバージン材を使う2層容器の成形が可能となった。「環境性・機能性・デザイン性を高めることができる画期的な技術です。リサイクル材を使った環境配慮だけでなく、異素材の組合せにより耐水バリア性を高めたり、2層化により深みのある発色を引き出し調厚肉・厚底のガラスのような高級感を出すなど、容器用途の多様化が実現できるようになりました」(同

氏)

 さらに同社は、多品種中小ロット生産を得意とする1ステップ機の高速生産化を進めてい

る。1ステップ成形は高品質容器を製造できるが、1時間当たりの生産量は1万〜2万本程度。一方、2ステップ成形は、単純容器を1時間当たり5万本以上という圧倒的な量で生産できる。そのため、高品質な容器成形を得意とする1ステップ機のメリットを生かしつつも大量生産を可能にする新型機の開発を進めて、より大きな2ステップ成形市場の機械のシェアを狙うという。


▲植物由来の生分解性プラス チック、バイオPBS

▲2層容器は食品・日用品など 様々な用途に対応可






















製品紹介【ストレッチブロー成形機】

ペット樹脂材料の投入から完成容器まで一貫生産が可能な、同社の1ステップのストレッチブロー成形機。低騒音で、省エネ性、汎用性に優れた幅広い容器成形能力を持つ。1ステップ成形機は工程に輸送や保管のプロセスがないため、衛生的で高品質な容器が成形できるという。


© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon