• 株主手帳編集部

日精樹脂工業【6293・東1 名1】自動車向けに強い射出成形機の国内専業最大手世界4拠点で生産、80カ国超に累計14万台弱を出荷

プラスチック加工用の射出成形機を主軸としてグローバルな展開をしているのが、長野の日精樹脂工業だ。この機械の製造では珍しい専業メーカーで、自動車分野に強い。世界各国にある拠点を通じたアフターサービスの徹底、誰でも入れる技能スクールの運営などの取り組

みで、大手に負けない立ち位置を築いている。

依田 穂積社長

Profi le◉よだ・ほづみ

1963年7月30日、長野県生まれ。東海大学教養学部卒業。8 9 年7月、日精樹脂工業に入社。9 9年5月、ニッセイアメリカI NC.取締役副社長、同年6月、日精樹脂工業取締役に就任。2 0 01年4月、代表取締役社長(現任)。18年7月、日精ホンママシナリー代表取締役会長(現任)。20年1月、NEGRI BOSSIS.P.A.会長(現任)。


主力の射出成形機が

全売上の7割強


 日精樹脂工業の2020年3月期の売上は388億円、営業利益、経常利益は共に11億円。主力は射出成形機で、売上の72.4%を占める。本社を構えるのは長野県埴科郡。創業か

ら10 年強の1960年に輸出を開始するなど、当初からグローバルに展開してきた。現在は、日本、米国、タイ、中国の4カ国で製造を行うほか、国内20カ所、海外34カ所まで拠点を拡げ、仕向け先は80カ国超にのぼる。

 創業以来扱ってきた射出成形機は、プラスチックを加工するための産業用機械だ。プラスチック自体が非常に身近な素材であることからもわかるように、射出成形機は自動車部品、IT、医療機器、化粧品容器といった様々な製品加工の際に欠かせない。

 同社が最も得意とするのは、それら多様な産業の中の、自動車関連分野。射出成形機の製造にはファナックや住友重機械など国内大手も参入しており、海外市場であっても日系企業同士で競合するケースが多々あるという。価格競争ともなれば大手資本が有利になりがちだが、得意分野を活かし差別化を図ることができれば、話は違ってくる。同社の依田穂積社長は、今後の事業展開でのさらなる注力ポイントにも、自動車関連分野を挙げる。

「我々は、強さのセグメントとして、自動車というところをさらにフォーカスしていき、そこに対してオンリーワン的な提案をしていくということ、そして、同じ土俵では勝負をしないというのが一番のポイントではないかと考えています」(同氏)


伊社買収で大型成形機の

ラインナップを拡充


 同社の強みは、商品展開の豊富さと、アフターサービスの手厚さにある。

 まず商品面としては、電気式と、ハイブリッド式の、両方のタイプの射出成形機を取り扱う。今年2月にはイタリア・ミラノに本社のあるNEGRI BOSSI S.P.A.社の株式の75%を取得し子会社化。これまで同社の品揃えになかった超大型射出成形機が加わり、型締力7〜7000トンまでの幅広いラインナップで商品を

提供できるようになった。

 サポート面では、汎用機のカスタマイズや成形技術相談、工場レイアウト、周辺機器に至るまでバックアップする。顧客側が特に重視する機械トラブルが起きた場合の復旧までのスピードとワールドワイドなサポート展開の2点については、日本人スーパーバイザー

を世界中の拠点に派遣するなどし対応している。

 機械の単なる製造販売に留まらない同社のこうした姿勢や考え方は、日精スクールという技能学校の運営にもつながっている。※下記参照

「創業者の青木固が、扱い方によってはケガをしかねないからこそ成形機のきちんとした使い方をマスターしてもらいたいと、1960年代に開校しました。当社の新入社員も全員が入校するきまりになっており、皆『最終学歴は日精スクール』です」(同氏)


トウモロコシ主原料の

生分解樹脂を実用化へ


 近年はプラスチックの環境負荷に関する議論が高まりを見せる。同社ではまだこのような議論が活発ではなかった1970年代の第一次オイルショックの頃より、環境対応素材に関する加工技術の開発や検討を行ってきた。

 4年前から力を入れているのが、PLA(ポリ乳酸)の成形技術の確立だ。PLAはトウモロコシを主原料とした100%植物由来の生分解性樹脂で、化石資源に頼らないバイオマスプラスチックのひとつ。当初は、収縮して金型から離れないといったこの樹脂特有の性質により難航した部分もあったが、同社の開発したPLA射出成形システム「N│PLAjet」により、成形が可能になった。原料不足やPLAの供給量不足からくる価格の高さが今後の課題ではあるものの、廃棄処理ではコンポスト化により自然界へ還るとあって、特に海洋汚染防止などの環境面で注目されている。

「樹脂自体の供給量がまだ足りないですとか、キロ単価が高いということで、実業界の中の運用では、使い捨て容器としてはなかなか広まりにくいというのが現状ではありますが、十分に対応できるところまではきています」(同氏)


自動車や電子部品な どに使用されるハイブ リッド式竪型射出成形 機、TWX220RⅢ

























横型大型射出成形機FVX860Ⅲ、 大きいもので全長10mを超える



群雄割拠の市場で

シェア2%を目標に


 同社のセグメントは、日本、欧米地域、アジア地域の3つ。2020年3月期、地域別の売上比率が最も高いのは日本の56%だ。そして、次がアジアの26%、欧米は18%となっている。

 現在は、2016年から取り組んでいる10年計画「フューチャーデザイン2026」に基づく第三次中期経営計画(2019│2021年度)で掲げる、売上高500億円、経常利益40億円の実現に向けた体制整備を行っている。

「世界のプラスチックに関わる機械の市場規模は3兆7600億円で、当時、『世界シェアの1%(の売上)ではさみしいよね、せめて2%を2026年までに目指そうよ』ということで打ち出し、現在はそのベースを作っているところです。このマーケットは世界トップであるオーストリアのエンゲルHDでも1800億円程で、群雄割拠の状態。こんな面白いマーケットはないと思っています」(同氏)


日精スクールとは?

これまでにのべ4万人が履修

日精スクールは、日精樹脂工業が運営している技能学校だ。開校したのは昭和43年(1968年)とその歴史は古く、今年で52年目を迎えた。

 基本的には誰でも参加が可能で、日精樹脂工業の顧客に限らず、学生や大学の研究者なども含めた様々な人が講義を受けてきた。1クール5日を基本とし、成形(入門・初級・中級)、保守管理入門、金型設計入門、海外研修の各コースを揃える。これまでにのべ4万人近い人が履修、卒業したという。


© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon