© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • 株主手帳編集部

椿本チエイン【6371・東1】チェーンのトップメーカー 飽くなき技術革新で不動のグローバル企業へ

『動かす』ところに、チェーンあり。日本で初めて産業用チェーンの製造を開始した椿本チエインは、2020年で創業103年を迎える。現在はチェーンだけでなく、機械部品から自動化システムまで手掛ける機械メーカーとして、世界26ヵ国81社で展開。工場の生産効率化推進、環境ニーズへの対応といった時流を掴んだ高品質製品を武器に、2020年度には連結売上高2800億円、営業利益280億円を目指す。


Profile●おおはら・やすし

1959年7月生まれ、兵庫県出身。82年神戸商船大学(現神戸大学)卒業後、椿本チエインに入社。2013年、社長室長兼経営企画センター経営企画室長、同年執行役員、14年取締役を経て、15年取締役社長兼最高執行責任者に就任(現任)。


生活支えるチェーンたち


エスカレーター、可動式プラットフォーム柵、ジェットコースター、回転寿司レーン、工場の製造ライン…。生活を支える、様々な『動く』もの。この中に必ず入っているものがチェーンだ。そんなチェーンを2万種類以上も製造するのは、2018年度連結売上高2385億円、営業利益218億円の椿本チエインだ。


「1917年に、椿本説三氏が自転車用のチェーンメーカーとして創業しました。ところがすぐに自転車チェーンの価格が暴落し、このままではだめだと。紡績商社に勤めていた頃に見た、紡績機械を思い出しました。その機械には海外製のチェーンが使われていたのです。『ああ、我々が知っているチェーンは自転車だけだけど、色んなところで使われるんだ』と。これから日本でも機械化が進み、チェーンが使われるだろうと、海外のカタログを取り寄せて、国内で機械用チェーンを作り始めました」(大原靖社長)


 創業からわずか10年で自転車用チェーンから産業用チェーンへと舵を切った同社は、様々な業界向けに動力伝動用チェーンや搬送用チェーン等を製造する。すると、チェーンを動かすために必要なモーターやカップリングといった精機商品の需要が加速。一方で、自動車メーカーからはエンジンに組み込まれるチェーンの引き合いが舞い込んだ。更には、工場や物流センター等の搬送・自動仕分けシステムを丸ごと納めてほしいという要望も増加した。こうした結果、現在同社はルーツの「チェーン事業」の他に、減速機やクラッチ等周辺機器を

扱う「精機事業」、エンジン内で動力を伝えるタイミングチェーン等を製造する「自動車部品事業」、各種搬送・自動仕分けシステムを提供する「マテハン事業」の4事業に分かれて展開している


創業当時の工場風景


妥協なき品質追及精神


100年以上続く歴史の中で同社が培った最大の強みは『高品質』だ。同社は近年、チェーンの筒状の部品内部に溝を入れ、潤滑油の保持効果を高める技術を開発。同技術を標準品として、すべての動力伝動用チェーンの長寿命化を図った。

「当社では10年ごとにチェーンの標準仕様のブラッシュアップをしており、今は第8世代です。去年は潤滑油を見直し、独自開発の油に全部変えました。例えば、他社が当社の特許を取って真似しても、その頃当社では違う世代が出ている。これが1つの負けない秘訣ですね」(同氏)

 モータリゼーションが進んだ1970年代には、自動車エンジン用のスチール製チェーンの納入が急拡大した。しかし、自動車メーカーが軽量化と静粛性向上に重きを置き始めると、スチール製のチェーンより軽く、静かなゴム製のベルトへ一気に切り替わった。ピーク時の1980年には、同社のスチール製チェーンの新規受注が一時期ゼロになるほどだった。「ところがベルトというのは、当時は7万㎞ぐらいでいったん車からエンジンを降ろ

して取り換えなければいけなかったのです。今でも、約10万㎞で交換が必要です。当時はもうチェーンの開発を止めるべきだという声もありましたが、当社はベルトを製造する一方で、耐久性に優れた小形チェーンの開発を続けたのです」(同氏)

 1987年に小形チェーンで巻き返しを実現した同社は、1998年には小形・低騒音

が特長のサイレントチェーンを発売。ある自動車メーカーが行ったエンジンテストでは、

サイレントチェーンは耐久性、静粛性両面でベルトを上回るという結果が出た。小型・軽

量・低騒音・高強度といった品質の高さが支持された結果、同社のタイミングチェーン世

界シェアは、現在トップの37%。日本車では、10台中7台の割合で採用されている。




















効率化で生産率30%増


前期売上高のセグメントシェアをみると、チェーン事業が30%、精機事業が10%、自動車部品事業が33%、マテハン事業が26%、その他事業が1%となった。

 チェーン事業は売上高が前期比7・0%増の720億円、営業利益は同21・1%増の103億円と伸長。利益が増加した主因は、2014年度から開始した京田辺工場の生産改革が奏功したことだ。

「ある部品を作るのに、まとめて作った方がコストが安いと思いますよね。ところが、これはひとつの例えですが、100いるところに300作ったら残りの200はどうするのか。つまり、本当に必要な分を必要な時に作る方が納期達成率も数段よくなるし、コストも下がるということです。そうした考え方を徹底的に取り入れた結果、計画から2年前倒しで生産率30%向上を達成しました」(同氏)

 一方で、苦戦を強いられたのは自動車部品事業だ。セグメント売上高は同0・7%減の790億円、営業利益は同14・9%減の87億円。これは、米国、欧州、中国等で自動車販売が低迷したこと、国内外の工場立ち上げ費用が嵩んだこと等が起因した。

 また、自動車業界で気になるのが電動車の動向。もしEVやFCVといったエンジンが不要な自動車が増加した場合、エンジン部品を作る同社への影響が大きいと見られがちだ。しかし、大原社長は自信を見せる。同氏によると「Well to Wheel」、油田から自動車に辿り着くまでのCO2排出量を自動車のエネルギー効率とみる考え方では、EVよりもPHVの方がCO2排出量は少ないという。

「2030年頃から減少に転じるガソリン車に代わって、EVだけでなく小型エンジンを搭載するHVやPHVが増える、すなわちエンジン搭載車は2045年頃まで緩やかに増加するというデータもあります。当社ではエンジン用チェーンのシェア拡大に注力する一方で、電動車向けの駆動ユニットの開発にも取り組んでいます」(同氏)


欧州・中国でシェア拡大へ


 現在、同社は2020年度を最終年度とする『中期経営計画2020』の3年目。「2020年のあるべき姿=グローバルトップ企業」を目指し、海外売上高比率を前期の59・4%から、2020年には70%まで引き上げる計画だ。

 前期の海外売上高比率を地域別にみると、米州の28%に比べ、欧州は11%、中国は9%に留まる。両地域とも環境規制や生産効率化への意識が高まっているため、チェーン事業では得意の高性能商品を武器に、シェア拡大に力を入れる。同社は2019年5月、同事業の2020年度目標を売上高・営業利益共に上方修正した。

 一方で、自動車部品業界の足元は米中関係、ブレグジット等も関係して引き続き厳しい状況が続く見通し。これに伴い、同事業の2020年度目標を当初の目標から下方修正した。ただし、大型受注も順調に獲得しており、中期的には回復する見込みだ。


「自動車メーカーから受注を頂いても、実際に売り上げになるのは大体3年先です。なぜかというと、まずは試作を出して、次に量産試作を出す。更に工場でラインを作り、量産試作を流してオーケーになる。そのため早くても3年、普通なら4~5年はかかります。一方で、3年後、4年後、5年後の売り上げが見えているのがこの事業の特長です」(同氏)

 残る2事業はいずれも上方修正。マテハン事業では、海外でのM&Aや流通業界向け自動仕分け装置の売り上げ拡大が貢献し、業績改善へと転換した。前期には米国で連結子会社化したセントラルコンベヤ社の減価償却費が嵩んだ結果、セグメント営業利益率は0・7%まで落ち込んだが、2020年度にはセントラルコンベヤ社の新規受注獲得、新商品投入、生産性向上等により5・9%まで改善する計画だ。










『動かす』ところに椿本あり


 直近10年で、売上高も利益面も倍増した椿本チエイン。しかし、今後も攻勢緩めず更なる事業拡大へと注力する予定だ。

 カギとなるのは、やはり同社が持つ技術力。注目製品の1つ目は、2本のチェーンをジッパーのように噛み合わせ1本の強固な柱を作る「ジップチェーン」だ。例えばライブ会場では、昇降ステージの上でエンターテイナーがダンスやショーを披露する。もしステージが斜めにずれていたり、隙間があったりすると、思わぬ事故に繋がる可能性がある。そこでジップチェーンを使うと、ミリ単位の精度で素早くステージを昇降できる。

 マテハン事業の注目商品は、研究機関向けの全自動ピッキング保管庫「ラボストッカ150」だ。常温保存では傷んでしまう生体試料やDNAを超低温下で保管。マイナス150℃の環境でも自動入出庫できるため、検体の長期安定保管に貢献する。

 自動車分野では、EV、PHVの急速充電コネクタを通じて、公共施設やビル、工場等の電力網を双方向に繋ぐV2X対応充放電装置「eLINK」を開発。災害に備え引き合いが増えており、社会貢献として地元自治体への寄付も予定している。

「100周年を機に新たに制定した企業理念『TSUBAKI SPIRIT』では、社会的使命として『動かす』ことにこだわっています。少なくともチェーンというのは、ダ・ヴィンチが絵を描いていたぐらいですから、基本構造はあまり変わってない。たった5つの部品で構成されるチェーンですが、材料、精度、加工方法等、技術的にまだまだ深い。マラソンでいえば、椿本チエインの背中もう見えへん、ぐらいの圧倒的な技術革新をこれからも続けていきたいですね」(同氏)