• 株主手帳編集部

秋川牧園 【1380・JQ】無農薬・無投薬の農産物を生産・加工・販売「口に入るものは間違ってはいけない」が理念

秋川牧園(1380)は山口県に本社を置き、無農薬・無投薬の農産物の生産、加工、販売を行う。1972年に秋川正社長の父・秋川實会長が創業。現在は直営と契約農家を合わせて、鶏卵、鶏肉、豚肉、牛肉、牛乳、野菜及び加工品など約400品目を生産する。宅配企業などへの生産卸売事業と、同社自らの宅配サービス・ネットでの直販事業の二本柱で、昨今の「巣

ごもり需要」を追い風に業績を伸ばしている。

秋川 正社長

Profile

あきかわ・ただし

1966年5月、山口県山口市生まれ。1989年、筑波大学第三学群社会工学類を卒業し、秋川牧園に入社。20 04年に専務取締

役に就任。2005年、代表取締役に就任(現任)。




売上の8割は

生産卸売事業


 同社は1972年に、「安心して口にできる」卵の生産・販売からスタートした。当時は、窓のない鶏舎に密飼いし、病気予防のために抗生物質を多用する養鶏場が社会問題化。"1羽の鶏、1個の卵から健康で安全なものにしたい"という思いが、創業の契機だったという。その後採卵用の鶏で培ったノウハウを活かして、無投薬、使う飼料も無農薬の若鶏を業界に先駆けて開発。この鶏肉の卸売で急成長した。

 現在、自社農園と契約農家約30軒とともに、卵、鶏肉、牛乳、牛肉、豚肉、野菜など、安心・安全な農産物の生産に取り組む。さらに生産だけにとどまらず、自社工場での食肉包装や無添加の冷凍加工品の製造、そして直販事業での販売まで「食の安全」を提供する。


包装、加工も

自社工場で実施


 主力商品である鶏肉を生産するのは、全体の6割が直営農場、4割が山口県・福岡県・熊本県などにある10カ所の提携農家だ。

 提携農家には、自然の風や光が入る「開放型鶏舎」に1坪あたり35羽程度でゆったりと飼育するなど、同社独自の飼育規定を順守してもらう。また非遺伝子組み換え、ポストハーベスト農薬不使用の指定の飼料を使用するなど、徹底した品質管理を行う。

 商品の包装、チキンナゲットや焼き鳥など、鶏肉を使った冷凍加工品も全て自社工場で製造する。

「鶏肉の価値が途切れないよう、例えば加工では本醸造の国産大豆の醤油を使用するなど、自社工場でこだわって作ります。約300人いる従業員は工場勤務が最も多く、手作りの要素も残しています」(秋川正社長)

 これまで宅配企業を中心に卸売を行ってきたが、最近では安心・安全で美味しい鶏肉が評判に。オーガニックスーパー「ビオセボン」をはじめ、高級スーパーなど流通チャネルを広げている。


宅配サービスで

消費者から選ばれたい


 売上の約8割は、生活クラブ生協やグリーンコープ生協、オイシックス・ラ・大地など主に宅配企業への生産卸売事業で、主力商品である鶏肉、鶏肉を使った加工品を中心に供給している。

 残りの2割を占めるのは、2000年ごろから注力してきた宅配サービスと、ネット通販の直販事業だ。宅配サービスでは、直営や契約農家で生産する約400品目に加え、その他の厳選した調味料、海産物、日用品など年間で約3000品目を取り揃え、消費者に直接届ける。山口県と大阪府、京都府、奈良県の一部エリアでは社員による直接配送で、東京都、神奈川県、北海道はヤマト便で届ける。同社では生産から加工、販売までの6次産業化を実現しており、同様のサービスを展開する同業他社は見当たらない。

「鶏肉だけ生産していれば、確かに経営効率は良いかもしれません。でも消費者の皆さんと健康で豊かで持続可能な社会を一緒に作りたい、食を大事にしたい方々から直接選ばれたいという思いが強くあり、直販事業に力を入れています」(同氏)


大連で祖父が農園

父が理念受け継ぐ


 秋川牧園のルーツは、秋川正社長の祖父・秋川房太郎氏の時代に遡る。房太郎氏は理

想の農業を目指し、昭和初期に当時の満州国・大連に渡り、250ヘクタールの敷地で

「秋川農園」を経営していた。リンゴを中心に牛、豚、鶏、野菜を育て、ワインやチーズ、

さらにはドイツから技師を呼び寄せて地ビールまで作っていたという。

「当時、祖父が子供時代の父にいつも言っていたのが『口に入るものは間違ってはいけない』。父が1972年に当社を創業した時、この言葉が企業理念になりました。食べ物と健康、命は切っても切り離せない。私は秋川牧園の2代目ですが、理念の継承者という意味では3代目です」(同氏)

 1981年には業界でも画期的といえる無投薬、無農薬の飼料で育てた鶏肉を開発した。これを機に「価値観も近くて気が合う」(同氏)という、厳しい安全基準を設ける生活クラブ生協、グリーンコープ生協などへの卸売を中心に展開。消費者から高い評価を得て、80

~90年代にかけて生協と共に成長した。1997年には食の生産現場を支える企業では初めて株を店頭公開、2004年にJASDAQ上場を果たした。











独自の飼育規定を設け、大きな窓から光や風を取り込んだ若鶏の農場










昨年刷新したパッケージに入った鶏卵は、同社が最初に商品化したもの



巣ごもり需要で

両事業が好業績


 2020年3月期は、売上高は前期比3・0%増の57億9000万円、営業利益は包装や冷凍食品の製造コスト高を理由に同4・1%減の9400万円となった。一方、21年第1四半期はコロナ禍の巣ごもり需要の拡大を受けて、売上高は前年同期比20・5%増の16億3900万円、営業利益は8300万円となり、利益面も大きく改善した。中でも直販事業は、売上高3億6500万円と同46・2%増と伸長している。

 近年は競争力を高めるために「ブランド力」の強化に注力。ここ1年で商品パッケージを刷新し、SNSでの発信も始めた。ゆくゆくは東京への出店も視野に入れている。

「社会的な価値を作り、ブランドを確立していけば、結果として売上拡大につながると思っています。直販事業ももっと大きくしたい。ゆくゆくは売上高100億円くらいを

目指したいですね」(同氏)











同社で生産する農産物は約400品目に上る











工場外観





© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon