• 株主手帳編集部

美濃窯業 【5356・名2】ニッチ分野で勝負、セメント用耐火物のシェア4割製造・設計施工・メンテまでトータルで対応

美濃窯業(5356)は、岐阜県瑞浪市に本社のある窯業系メーカーだ。耐火物の製造のほか、プラントや舗装材も手掛けており、年商は130億円強。主力セグメントそれぞれにニッチトップ分野があることを強みとする。加えて、近年ではセラミックスの製造技術を使った新分野開拓にも挑んでいる。

Profi le◉おおた・しげとし

1951年12月12日生まれ、東京都出身。東京工業大学大学院材料科学専攻博士課程修了後、80年4月、美濃窯業に入社。87年取締役企画担当、89年常務取締役などを経て、99年代表取締役社長に就任(現任)。



売上の8割は耐火物製造・

プラント設計施工


 美濃窯業の2020年3月期の売上高は132億円、営業利益は14億円、経常利益は15億円。セグメントは、耐火物事業、プラント事業、建材及び舗装用材事業、不動産賃貸事業に分かれている。 4つのうち最もセグメント別売上高構成比が高いのは、全体の約44%を占める耐火物事業(売上高58億円)。次に多いのが35%のプラント事業(同47億円)で、20%弱が建材及び舗装用材事業(同24億円)となっている。なお、利益構成比は、プラント事業が53%、耐火物事業が27%である。

 同社の強みは、セメント、石灰、環境・再資源化などの分野のプラントに向けた耐火物の製造のみにとどまらず、各種窯炉の設計・施工や提案型の技術サービスに至るまで、全てを一貫して提供できる点にある。

 たとえば鋼材用の焼成炉を例に挙げると、まずは窯炉の設計から行い、内部を保護するために使用する耐火レンガの製造はもちろん、その施工作業も請け負う。また、炉内は温度が約1700度にまで上昇する非常に過酷な環境のため約3カ月ごとに張替作業が必要。それも、自社で引き受けている。


3セグメントでニッチ

シェア№・1商品もつ


 加えて、同社の大きな特長としては、3セグメントで、「ニッチシェアナンバーワン分野」を持っている点が挙げられる。

 まず主力の耐火物事業に関しては、セメント用耐火物がそれに当たる。そもそも耐火物が利用されているのは、生活を支える鉄や非鉄金属、ガラス、セメントなどの製造工程。高温の熱処理を行う際に活用される欠かせない素材である。また、耐火物は、レンガなどの定型耐火物と、現場で必要に応じて用いる不定形耐火物に分けられる。

 同社が強いのは、定形耐火物の中の一分野、セメント用耐火物だ。耐火物市場では後発の不定形耐火物が定型を抜いて7割を占めており、「耐火物の総需要の中で、セメント用耐火物が占める割合は7%程度」(同氏)とマーケットは小さい。しかし、「そこでは強くなろう、ということで、セメント用耐火物では現在35〜38%のシェアをもっています」(同氏)

 現在は、耐火物事業の売上のうち6割を占める35億円が、セメント用耐火物によるものだ。

 他の2つのニッチトップ商品も同様で、プラント部門では、半導体製造装置用セラミックスを焼成するための設備の分野に強く、20億円の売上がある。また、建材及び舗装用材事業では、たとえば高速道路のETCレーンの色づけなどに利用されるようなセラミック骨材を得意としており、シェアは40%という。

「道路用舗装材は、多くのところでは中国から輸入しているのですが、他社は一番売れる色と粒度、そのボリュームゾーンだけを扱うわけです。我々は、全部の色、全部の粒の大きさを揃えていますから、それがやはり、当社の強みとなるんですね。今後は、このシェアを

60%にもっていきたいと考えています」(同氏)

▲3㎥の省エネ型高温炉










▲ETCレーン











セメント用耐火物分野

シェア5割を目標に


 同社の設立は1918年。耐火レンガの製造販売からスタートし、戦後の物資不足の時期から高度成長期にかけて、縁の深い鉄鋼業界の軌跡をなぞるような形で売り上げを伸ばした。1983年頃から2002年頃までは、イランをはじめ、フィリピンやミャンマー、バングラデシュといった途上国向けにプラント設備を輸出。その後は市場構造の変化により国内向けにシフトしており、近年の売り先はほぼ国内向けだ。

 同社が今後の新たな柱として注目しているのが、耐火物事業におけるセラミックス部品製造だ。セラミックス部品は、たとえばリチウムイオン電池焼成用の容器や設備、半導体検査装置や、身近なところでは水道の蛇口のバルブ部分等々、様々な場所に使われている。従来のこうした製品に加え、数年前から、セラミックスを利用した新製品の開発を進めてきた。

「これからのものとしては、スピーカーやイヤホンといった新しい商品を少しずつ手掛け、セラミックスを使う分野を拡げようとしています」(同氏)

 長期的な観点での今後の展開について、同社では、5Gや車載用コンピューターの増加に伴う半導体関連の伸びに期待する。また、セラミックスの電子部品を焼くためのサポート材や、セラミックス系の様々な粉体材料も同様だ。

「我々は設備から炉材、容器に至るまで全てを供給できますから、新しい材料を開発する時から関与していって、マーケットシェアを大きくしていくことができていると思います。耐火物は、セメント用ではできれば5割くらいのシェアをとっていきたい。マーケットの中での優位性を高めていくことを考えています」(同氏)


環境にやさしい耐火物クロムフリ ー塩基性れんがECOS


© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon