• 株主手帳編集部

萩原工業【7856・東1】合成樹脂繊維のトップメーカーニッチ戦略で高利益製品広げる

岡山県本拠の萩原工業(7856 )は、「フラットヤーン」を素材に様々な製品を作る合成樹脂繊維大手だ。近年は「高利益製品のニッチ展開」で成長。前期(19年10月期)は業績過去最高を更新した。今期から3カ年の中期経営計画では、新素材開発や商圏開拓などに注力。競合他社がいない新市場を技術力で切り開き、高利益かつ安定的な成長基盤を育成する。

浅野和志社長

Profile◉あさの・かずし

1986年、萩原工業入社。2011年取締役執行役員事業支援部門長。15年取締役常務執行役員合成樹脂事業管掌補佐就任などを経て、16年代表取締役社長就任(現在)。








ブルーシートなど

合成樹脂のパイオニア


 合成樹脂繊維「フラットヤーン」とは、ポリエチレンやポリプロピレンのフィルムを短冊状に切断・延伸した糸のこと。萩原工業は、その国内トップメーカーである。

 前期業績は、売上高は前期比12%増の296億円、営業利益は同1%増の27億円、営業利益率は9・2%。セグメント別に売上高をみると、フラットヤーンやその織物、最終製品などで構成される「合成樹脂加工製品事業」は8割となった。

 同事業で扱う商品点数は、何万種類にも及ぶ。「糸ひとつとっても、色、太さ、重さ、など様々な製品があります」(浅野和志社長)

 用途別に同事業を分けると、①産業資材(総売上高の34%)、②シート・建築資材(同

21%)、③生活資材(同21%)、④その他(同4%)、の4カテゴリとなる。


「鉄に代わる安全な素材」が

GNT製品に


 売上高比率が最も高い「産業資材」の主力製品は、コンクリート用補強繊維「バルチップ」。6月末、経済産業省の2020年度版「グローバルニッチトップ企業100選」に選ばれた。

 萩原工業は、1995年からバルチップを展開。コンクリートに混ぜると、耐久性向上やひび割れ防止といった効果を発揮する。従来、コンクリート補強用にはスチール製ファイバーが用いられる。しかし、スチール製ファイバーは経年劣化で錆びたり膨張したりと、逆にひび割れの原因に。一方、合成樹脂製のバルチップは経年劣化の心配が少なく、価格も抑えられる。

「当初はコンクリート吹付作業向けに、海外から引き合いが多くありました。すると近年『

20年前に施工したコンクリートが未だひび割れてない』と、国内でも鉄道や道路などで採用が進んでいます。

『鉄に代わる安全な素材』として、現在55カ国で使用実績があります」(同氏)

 「シート・建築資材」では、ブルーシートや防炎シート、農業用シート、防音シート、迷彩シート、滑雪シート、土のう袋など、多岐に渡る製品を展開。

「国産ブルーシートの9割は当社製品です。当社製は高品質なので、輸入品と比べると価格は高い。そのため、価格競争に巻き込まれやすいホームセンターでの販売より、ゼネコンや官公庁向けに注力しています」(同氏)

「生活資材」では、粘着テープの原反や人工芝用の糸などを展開。「その他」では輸入品などを扱う。


フラットヤーン製造機械を

自前で開発


 総売上高のうち、合成樹脂加工製品事業以外の残り2割は、スリッターなどの産業機械を製造・販売する「機械製品事業」によるもの。

 同社が本拠を置く岡山県は、昔は綿とい草の生産地。萩原工業は元々ゴザ問屋だったが、ゴザの縦糸の綿糸の代用品として合成樹脂の生産を始めた。当初は製造機械を他社から購入していたが、やがて自前で機械も開発。「競合が増えれば市場も大きくなる」と、同業他社への機械販売も開始した。

 現在機械製品事業では、フラットヤーンを製造するための「切る、伸ばす、巻く、織る」という工程から派生した産業機械を自社開発・販売する。

 同事業売上高の半数以上を占める主力製品は、フィルムシートや紙などを切断してロール状に巻き取る「スリッター」だ。

「これまで、ペットボトルフィルム用や液晶テレビフィルム用など、時代に合わせたスリッターを販売してきました。スリッターとは、所謂『切って巻くだけ』の単純な機械に見えますが実は奥が深く、だからこそ、常にどこかで需要がある息の長い製品です」(同氏)


▲フィルムシートを切って巻き取る「スリッター」


国産9割シェアの ブルーシート









人工芝の糸など 幅広い製品を展開

















コア・コンピタンスと

人本主義を推進


 浅野社長によると、同社の大事にしていることは「コア・コンピタンス(他社が真似で

きない、圧倒的優位性を持つ能力)」と「人本主義」の2つ。これをベースに、今期から

中期経営計画を開始した。

 柱のひとつ「技術を、磨く。」では、強みの技術力を生かして新素材開発に注力。例えば近年、新技術「レイシス」を開発した。

「レイシスとは、フラットヤーン内にある空洞の大きさを揃えたり繋げたりする技術。これでフラットヤーン内の薬剤が染み出す量や時間を調節し、化粧品や芳香剤、防虫剤などの効き目を長持ちさせます」(同氏)

 別の柱「製品を、広げる。」では、製品の用途拡大や安定供給に注力。ただし、ニッチで

高利益率の市場に絞る。

「利益率が低い市場で価格競争はしない。しかし、市場規模は小さくとも必要・かつ技術力が求められる製品は続けます。顧客の用途に合った製品を独自開発し、その分野を独占します」(同氏)

 近頃の取り組みのひとつが、自治体との防災協定。予め取り決めた地域で災害が起きた場合、ブルーシートなどの備品を優先的に供給するものだ。自治体は万が一の備品不足を阻止でき、萩原工業は優位性を持って製品供給できるメリットがある。

 中期経営計画では、その他に働き方改革なども推進。最終年度の2022年10月期に売上高330億円、経常利益33億円、ROE8・9%を目指す。


製品紹介【バルチップ】


「土壁の中にある藁」のような役割を果たすコンクリート補強繊維。コンクリートの剥離・剥落防止効果を持つ。鉄筋などの材料費・及び鉄筋設置工事費の削減、工期の短縮、省人化などに貢献する。現在55カ国で展開。環境にもやさしく、鋼繊維や鉄筋補強材と比べてカーボンフットプリントを70%削減する。














© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon