高周波熱錬【5976・東1】IH技術による鋼材製造・加工を展開 高強度・高耐久製品とCO2削減で脚光

高周波熱錬は、IH(誘導加熱)技術を応用し、自動車、建設機械、工作機械とあらゆる産業界に向けた熱処理加工を行っている。また誘導加熱装置の製造販売も手掛ける。IH技術での熱処理は、ガスに比べ大幅にCO2を削減でき省エネになることから社会的な注目が集まっている。2024年3月期には売上高560億円、営業利益40億円を目指す。

 

大宮克己社長

Profile◉おおみや・かつみ1960年3月生まれ、神奈川県出身。1983年高周波熱錬入社。2011年IH事業部電機部長。12年取締役。16年常務取締役。20年代表取締役社長。21年代表取締役社長執行役員、安全衛生・環境担当、事業開発本部長(現任)






 

環境負荷少ないIH加熱技術

受託金属加工や装置生産も


 同社は、電気を使って金属そのものを自己発熱させるIH技術を使い、表面焼入などの加工を行っている。このIH技術は、一般家庭に普及しているIHクッキングヒーターと基本的には同じ原理だ。同社はIH技術を使った金属加工と関連製品のみを展開している唯一の上場企業。国内に10社26拠点、米国、メキシコ、中国、韓国、インドネシア、チェコの海外6か国に16拠点を持つ。

 主な事業セグメントは「製品事業部関連事業」と「IH事業部関連事業」の2つ。製品事業部関連事業では、鉄道の枕木や橋梁などコンクリート構造物で使用されるPC(プレストレストコンクリート)鋼棒や、自動車のサスペンション向けの高強度ばね用鋼線ITW、地震の揺れなどからコンクリート建物を守る高強度せん断補強筋、建設機械部品の旋回輪、自動車のステアリングのギヤボックス内で使われる中空ラックバーなどを製造・販売している。同事業の21年3月期の売上高は245億3700万円(前期比7・5%減)となっている。

「製造工程の中のIH熱処理は、ガス浸炭(しんたん)とのCO2排出量を比べると、約75%削減できる。またIH熱処理によって高強度な素材が作られることで耐摩耗性・耐久性が大きく向上し、金属製品や建物全体の鋼材量を減らせて省資源になります。マンションなどの建設では、当社の高強度せん断補強筋を使うことで全体の鋼材の約30%を削減でき、環境負荷が少なくなります」(大宮克己社長)

 IH事業部関連事業では、熱処理受託加工や、高周波誘導加熱装置と関連機器の製造販売及び保守保全などのサービスを展開している。受託加工では自動車や建設機械、産業機械のパーツの加工を行う。装置は顧客の工場ラインに合わせてオーダーメードで設計、製作する。IH技術で金属加工を扱う会社で、自社製品製造と受託加工、装置の製造販売の3事業を行っているところは世界でも例がない。21年3月期の同事業の売上高は178億9800万円(前期比19・2%減)となっている。


高度成長期に自社製品拡大

今期は自動車用ばねが好調


 同社は、IH加熱技術の事業化・工業化を進めるために1946年に創業したIH技術のパイオニアだ。創業当初は金属焼入の受託加工と装置の受注生産を行っていたが、58年に初の自社製品となる「PC鋼棒」を発売した。PC鋼棒はコンクリートに圧縮力を与えて強化する鋼材だ。この製品が63年に、先の東京五輪を機に整備が進んでいた東海道新幹線のPC枕木に採用。さらに同社は土木、建築用のPC鋼棒や高強度せん断補強筋、高強度ばね用鋼線などの高強度鋼材を多数開発、販売してきた。

 22年3月期は、自動車のサスペンション用のばねなどに使われる高強度ばね用鋼線の「ITW」が過去最高売上となっている。ばねの製造方法においてCO2の削減ができる冷間化の流れの中で、ITWの需要が拡大中だ。また、EV市場拡大の中でバッテリーによる車重増加を支えるばね用に世界最大径水準の太径ITWを開発し、当初を上回るペースで販売が増加している。その他、高層マンションなど建築物用の高強度せん断補強筋も好調だ。「当社の製品はほとんど外から見えないが、土木、建築、自動車など社会の多様な分野で使用されている。最近好調なITWは、EV化に対応した高耐久で軽量なばねの設計が可能なので、これからも伸びると期待しています」(同氏)


海外拠点へ再投資をスタート

更なるグローバル化に布石


 21年5月に長期経営ビジョンNETURENVISION2030を策定。それに沿った形で、第15次中期経営計画を発表。「Change!!NewNETUREN2023」のスローガンのもと、24年3月までに売上高560億円(21年3月期実績425億円)、営業利益40億円(同9億円)を目指す。

 現在進めているのが海外拠点のてこ入れだ。21年11月には米国のグループ会社への9億円の設備投資を発表。これによって米国での生産能力は約40%増となる見込みだ。「各海外拠点のキャパシティにはまだ余裕があるので、これを最大限にしていく。チェコの拠点では欧州大手のばねメーカーの採用が決まり、中国もキャパ一杯に近づいてきた。受託加工や設備メンテナンスが中心のインドネシア、メキシコなどの拠点もがっちりと強化していく。現在海外生産比率は約30%だが、24年には40%近くになる可能性もあります」(同氏)

 今後はCO2発生と資源の両方を減らせる“ダブルエコ”の利点を持つIH技術を、世界に広げていくという。国内ではすでに、工場での電力に太陽光発電を使用する試みも始まっている。「環境に優しいIH技術を世界に広げ、それを使った製品を世界に広げる。そうすることによって、世界各地の拠点でも環境に貢献していきたいと考えています」(同氏)



▲同社のPC鋼棒は、基礎用コンクリートパイル、鉄道枕木、共同溝用ボックスカルバートなど社会の幅広い場所で使われている

▲高強度ばね鋼線ITWは、電気自動車用に需要が拡大している


 

第15次中期経営計画の進捗




 


2021年3月期 連結業績

売上高

425億6700万円

前期比 12.8%減

営業利益

9億2000万円

同 55.9%減

経常利益

14億7500万円

同 28.8%減

当期純利益

2億6800万円

同 7.0%増


2022年3月期 連結業績予想

売上高

515億円

前期比 21.0%増

営業利益

33億円

同 258.6%増

経常利益

37億円

同 150.7%増

当期純利益

24億円

同 795.0%増

※株主手帳3月号発売日時点