• 株主手帳編集部

ZUU【4387・マザ】資産運用情報の発信サイトを運営「金融業界のデジタル百貨店」を目指す

 月間895万人が訪れる日本最大級の資産運用に関する総合プラットフォーム「ZUU online」などのメディアを展開するZUU。サイト運営のノウハウを活かし、金融機関などの販促・営業業務を支援するフィンテック化支援事業も好調だ。昨年末にはクラウドファンディング事業への進出も発表。同社が志向するのは、金融業における顧客獲得プロセスの代行だ。


冨田和成社長

PROFILE◉とみた・かずまさ 神奈川県出身。一橋大学在学中にIT分野で起業。2006年大学卒業後、野村證券に入社。本社の富裕層向けプライベートバンキング業務、ASEAN地域の経営戦略担当等に従事。2013年3月に野村證券を退職。同年4月にZUUを設立し代表取締役に就任。現在は複数のメディアにて連載を持つなど、本業とシナジーのある分野において金融専門家としての活動も行っている。


「ディストリビューション」に注目 顧客との情報格差を解消する


 同社の事業は「メディア・サービス」と「フィンテック化支援サービス」の2つ。メディア・サービス事業は、ZUU online、FinTech online、DAILYANDSなど、金融に関する自社メディアを運営しており、月間訪問ユーザーは895万人を超える。2019年3月期の売上は4億8900万円(前年同期比45・9%増)と大きく伸びており、中でも大きく成長中なのがZUU onlineだ。  2013年にスタートしたZUUonlineは、一般ユーザー向けに資産運用やライフスタイルに役立つ情報を発信しているポータルサイト。月間に400万人が利用しており、国内の金融系ポータルサイトでは最大級となっている。  ユーザーが無料会員登録をし、ZUU online上のコンテンツを講読すると履歴データが残る。これによってZUU側では、ユーザ―の購買ニーズをタイムリーに把握することができる。これらのデータを元に、企業からの情報をユーザーに直接配信するターゲティング広告や、広告主企業への送客に対する成功報酬がZUU onlineの大きな収入となっている。

 冨田和成社長は、以前勤務していた証券会社での体験からこの事業を立ち上げたという。毎日何十件もの見込み顧客に飛び込み営業をしているうち、金融業と顧客の情報の格差の大きさを実感したのがその理由だ。 「金融業では、実際にお金が動く“オペレーション”の部分ではなく、必要とする人に出会って、商品を説明し、買ってもらうための“ディストリビューション”の部分に莫大な時間とお金を費やしている。金融情報を関心ある人に伝える場所があり、そこでニーズが合うお客さんに出会えれば、ディストリビューションのコストは少なくて済む。そう考えて始めたのがZUU onlineです」(冨田和成社長)  2019年3月期からは、限定コンテンツを配信する有料会員サービスもスタートした。同社ではストック収入となる有料会員の獲得を成長投資と位置づけ、有料会員向け記事の充実や、スマホアプリによる有料会員獲得などの施策を強化していく。


サイト運営経験を応用 他社ウェブサイトを構築・運営


 もうひとつの事業である「フィンテック化支援サービス」も拡大中だ。この事業はZUUonline運営で培ったノウハウを活かし、企業と一般ユーザーをつなげるオウンドメディアサイトの構築や、サイト運営支援をするもの。フィンテック化支援サービスは、2019年3月期は8億2300万円(前年同四半期比36・3%増)と急伸しており、提携企業は150社を超えて増え続けている。  同社では各企業にサイトのプラットフォームを提供し、サイト構築によって初期費用を、運営支援で月額報酬を得ている。このフィンテック化支援サービスは金融業や不動産業だけでなく多方面での取り組みが進んでいる。たとえば同社が大手航空会社と提携したサイトや大手通信事業会社と提携したサイトなどがその一例だ。また構築されたサイトのコンテンツはZUUonlineと連携され、より多くのユーザーの目に触れるようになっている。


金融業へも進出スタート  オンライン経由で出資者獲得


 同社は2022年3月期に売上高30億円台半ば、営業利益率30%強を目指している。その一環として進めているのが金融業への進出だ。第一弾として、クラウドファンディング事業への本格参入を発表した。アジアビジネスの投資に特化した融資型クラウドファンディングを展開するCOOL SERVICES社を子会社化し、ZUU online経由で出資口座の開設者を獲得する。ユーザーの講読履歴データを元にしてプロモーションを進めることで、口座獲得コストを大きく削減できると見込んでいる。 「ZUU onlineのユーザー400万人からお金を集めて、企業に融資できれば銀行の代わりになる。我々がZUU onlineで目指しているのは“金融業界のデジタル百貨店”になること。日本には1800兆円の金融資産があり、それに対するディストリビューションコストは20兆円と言われている。それがグローバルならどれだけの額になるか。ベン チャー企業のスピードを活かし、思い切り攻め続けていきたい」(同氏)













より多くのユーザーの有料会員獲得に向け、「ZUU online」のス マホ用アプリをリリース(写真はAndroid版)



© 2019 青潮出版株式会社

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon